スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S総合病院へ(8月22日)

さて、Sクリニックから紹介状をもらって2週間後の土曜日、S総合病院へ行きました。
紹介状と保険証の他に、前年の婦人科検診の記録を持って行きました。

総合受付に紹介状と保険証を出し、診察券とカルテを作ってもらいました。それを持って、産婦人科の受付へ行きました。そこで問診票を書きました。
氏名、生年月日、来院の目的、自覚症状の有無、最終の生理について、妊娠・出産の経験について、既往歴、薬・食べ物のアレルギーなど、一般的な問診票でした。

その後、貧血があるかどうかを調べる採血をしました。
子宮筋腫はありましたが、今まで一度も貧血を指摘されたことはなく、それどころか献血をしていた私。この日も貧血はありませんでした。

名前を呼ばれて先生とご対面。この後手術までずっとお世話になるK先生。サバサバした感じの女医さんです。
紹介状には、「大きな子宮筋腫があること、妊娠出産の希望があること、手術をすべきか先生の意見を訊きたい」というようなことが書いてありました。
その意向について改めて確認をしたあと、内診台へ。お腹を上から手で押して「あ~。ありますね~。」と先生。あるんです。そして、内診とエコー。

そして再度先生とお話。
貧血や月経過多などの自覚症状が無いことを確認。
筋腫をもったまま妊娠出産というのはリスクではあるし、大きい筋腫でもあるので、前もってわかっているのであれば取ってしまってもいいのでは、というお話でした。
私としては手術で取ってしまいたいという気持ちで受診したので「それではお願いします。」とお願いしました。

手術の前にMRIで筋腫の位置や数などを検査しどのように手術をするかを決めるとのことで、MRIの予約をしました。9月7日(月)9時。
手術の日程については仕事の都合もあるため、職場に相談をしなければいけません。先生の予定も併せてとりあえず12月。正式な日程は次回受診時に決めることになりました。


スポンサーサイト
プロフィール

るぅ

Author:るぅ
2009年12月、36歳で子宮筋腫核出手術(開腹)を受けました。
手術に至るまでの経緯、入院・手術のこと、術後のことなどをまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。