スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術をしよう

経過観察を続けて6年経った今年の春。
このとき受けた婦人ガン検診のエコーで「子宮筋腫が10㎝位になってます。経膣エコー(細い超音波器具を膣内に挿入して行うエコー検査)では映りきれない大きさですよ。」と言われました。前の年(7㎝)から急に大きくなっていたのでちょっとビックリしました。

この少し前に相方さんと結婚し、もし授かるなら子供を…と考えていたこともあり、手術をするべきか考え始めました。

筋腫があっても無事出産される方がいらっしゃることは知っていましたが、筋腫が原因の流産や不妊があるともききます。
相方さんとも相談し、出産を望むなら30代後半という年齢を考えても、手術で筋腫を取り、万全の状態で臨みたいと考えました。


この後、別件で受診したSクリニックで、「出産を希望するが、手術をした方がいいのか。」と尋ねてみると、「筋腫があっても無事出産する人も多いけれど、一方重篤な状態で病院に運ばれる方もいるので…。(筋腫が)大きいので手術を検討してもいいかもしれません。MRIできちんとした検査をしてみては。」と言われました。

この時点で、気持ちはほぼ手術をすることに固まっていました。手術となれば入院中から退院後、一人では何かと不自由&心細いので、福岡県の実家の母をあてにして、福岡県にあるS総合病院に紹介状を書いてもらいました。








スポンサーサイト
プロフィール

るぅ

Author:るぅ
2009年12月、36歳で子宮筋腫核出手術(開腹)を受けました。
手術に至るまでの経緯、入院・手術のこと、術後のことなどをまとめています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。